Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

和婚について調べてみました。


個人的に気になる神社、仏閣のなかで結婚式を挙げられそうなところを調べてみました。
変更になる可能性もありますので、詳細はお問い合わせください。



↑じゃらんnetより。ザ・ウィンザーホテル。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

Contents

東北



↑じゃらんnetより。十和田プリンスホテル。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

青森

善知鳥神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

青森市にある善知鳥神社(うとうじんじゃ)。
創建された年は不明。一時荒廃したものの、807年に、坂上田村麻呂により再建されました。
宗像三女神が祀られていて、道中安全の神として篤い信仰があります。

公式サイト⇒善知鳥神社 挙式

挙式料:60,000円~
披露宴:なし
雅楽:オプションで生演奏を付けることも可能(都合により付けられない日もあります。)。
巫女舞:あり。豊栄(とよさか)の舞。
駐車場:なし。近くに善知鳥パーキングがあります。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。



岩手

世界遺産 平泉



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

奥州藤原氏により栄華を極めた平泉。

中尊寺は、820年に比叡山円仁によって開山されたといわれています。12世紀になって藤原清衡により大規模な堂塔の造営が行われました。
毛越寺は、850年に慈覚大師が建立したと言われています。ちなみに公式サイトによると、毛越寺は「もうつうじ」と読むそうです。
どちらも天台宗のお寺です。

公式サイト⇒中尊寺
公式サイト⇒毛越寺

世界遺産で結婚式を挙げるなら⇒雅姫婚


山形県

三羽の兎 熊野大社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

東北の伊勢。熊野大社。南陽市にあります。
本殿裏には三羽の兎が隠し彫りされていて、三羽すべてを見つけると、願いが叶うとか、幸せになれるといわれています。うさぎのおみくじもあるとか。
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が祀られています。
ものが生まれる力、「むすひ」の神様です。

公式サイト⇒熊野大社での結婚式

挙式料:
・50,000円
・80,000円(雅楽奉奏)
披露宴:なし。熊野大社会館で行うこともできます。
巫女舞:あり。豊栄(とよさか)の舞。
駐車場:不明。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。

夜の結婚式について。
「結月」といって、日が落ちてから、月明かりとかがり火に照らされながら、挙式を行うこともできます。
挙式料:
80,000円
110,000円(雅楽奉奏)

関東



↑じゃらんnetより。ザ・ペニンシュラ東京。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

群馬県

御姿岩がダイナミック 榛名神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

群馬県高崎市にある榛名神社(はるなじんじゃ)。
もともとは榛名山を祀る神社。
6世紀から存在していたともいわれています。
現在は改修工事中で、結婚式は受け付けていないもよう。
公式サイト⇒榛名神社


東京

梅の名所 湯島天満宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

東京都文京区にある湯島天満宮。
5世紀に創設されたという説もあります。
もともとは、天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社でしたが、菅原道真公も合祀しています。
公式サイト⇒湯島天満宮 結婚式

挙式料:100,000円
披露宴:なし。(近隣の施設で行うことはできます。)
雅楽:あり。
巫女舞:あり。
駐車場:なし。(周辺に有料駐車場はあります。)
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。

移動は人力車で?⇒時代屋


参拝者の数の多さで有名 明治神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

東京都渋谷区にある明治神宮(めいじじんぐう)。
1920年に創建されました。
明治天皇と昭憲皇太后を御祭神としています。
参拝者の数が多いことで非常に有名です。国内外から多くの人が訪れる神社です。
公式サイト⇒明治神宮での結婚式
10月から12月までの期間限定で、日が暮れてからの、灯り参進を選べる日もあります。

初穂料:150,000円~
披露宴:明治記念館で行うこともできます。
雅楽:あり。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。
友人参列:不明
参列可能な人数:不明。


関東のお伊勢さま 芝大神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

港区にある芝大神宮(しばだいじんぐう)
いまからおよそ1000年前に創設されたといわれています。
天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神として祀っています。
古くから「関東のお伊勢さま」と呼ばれ、篤い信仰があります。

公式サイト⇒芝大神宮での結婚式について
11月~2月までの期間限定で、1日1組限定の、日が落ちてからの篝火挙式も。
挙式料:90,000円。
篝火挙式の場合は120,000円。ただし、雨天の場合は中止となり、挙式料は90,000円となります。
披露宴:なし(希望者には会場紹介)
雅楽:あり。伶人による生演奏。
巫女舞:あり。豊栄舞。
駐車場:有
友人参列:可
参列可能な人数:50名。
殿内は冷暖房(床暖房)を完備。


神前結婚式のはじまり? 東京大神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

千代田区にある東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)。創設されたのは明治。
天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神として祀っています。
「東京のお伊勢さま」と呼ばれています。
現在のような神前結婚式は、大正天皇がはじめて行ったといわれています。そのはじめて神前結婚式を行った神社というのが、日比谷大神宮(現代の東京大神宮)です。

公式サイト⇒東京大神宮での結婚式について
挙式料:不明。
披露宴:東京大神宮マツヤサロンで披露宴を行うこともできます。
雅楽:楽人に演奏
巫女舞:豊栄舞、豊寿舞
駐車場:有(ただし、境内には10台しか停められるスペースがないのでできるだけ公共交通機関を利用くださいとのこと。)
友人参列:不明
参列可能な人数:80名。
期間限定でかがり火挙式も可能。


人力車で移動する? 浅草神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

東京都台東区にある浅草神社(あさくさじんじゃ)
平安末期から鎌倉初期にかけて創建されたと言われています。
土師真中知命(はじのまつちのみこと)、檜前浜成命(ひのくまはまなりのみこと)・檜前竹成命(ひのくまのたけなりのみこと)が祀られています。
三社さまとよばれることもあります。

公式サイト⇒浅草神社 結婚式
挙式料:80,000円
披露宴:なし(希望者には会場紹介)
雅楽:楽人による笙の演奏
巫女舞:なし
駐車場:有(但し制限有)
友人参列:可
参列可能な人数:新郎側20名まで、新婦側20名まで。
冷暖房の設備はなし。

移動は人力車で?⇒時代屋


江戸の総鎮守 神田明神



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

千代田区にある神田明神(かんだみょうじん)。
1300年の歴史を持ち、江戸の総鎮守と呼ばれてきました。
大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、平将門(たいらのまさかどのみこと)が祀られています。
大己貴命は、だいこく様とも呼ばれ、国土経営、夫婦和合、縁結びの神様として崇敬されています。少彦名命は、知恵に優れ、だいこく様を助けて共に日本の国造りにはげんだと言われています。
現在、創建1300年を祝して、あかり挙式を行うこともできるようです。

公式サイト⇒明神会館
あかり挙式について⇒あかり挙式

挙式料:不明。
披露宴:明神会館で行うこともできます。
雅楽:あり。笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)・和琴の楽器を使います。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。
友人参列:可
友人席は24席。親族・友人席を合わせておよそ80席まで。
他にはない、結び石の儀という珍しい儀式があります。

移動は人力車で?⇒時代屋



乃木神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

港区にある乃木神社(のぎじんじゃ)。
明治天皇の崩御の知らせを受け、妻とともに自刃を遂げた乃木希典将軍を祀る神社。

公式サイト⇒乃木神社 結婚式
挙式料:150,000円
披露宴:乃木會館で行うこともできます。
雅楽:あり。笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)・神楽笛(かぐらぶえ)・鞨鼓(かっこ)・太鼓(たいこ)等を使用します。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。
友人参列:可
友人席は24席。親族・友人席を合わせておよそ80席まで。
他にはない、結び石の儀という珍しい儀式があります。

府中 大國魂神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

府中市にある大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)。
武蔵国の守り神、大國魂大神(おおくにたまおおかみ)を祀っています。
現在では、厄除けの神様として有名です。
時期によってはかがり火挙式も行っています。

公式サイト⇒大國魂神社での結婚式

初穂料:不明。
披露宴:併設の施設で行うことができます。
雅楽:可能。
巫女舞:可能。
駐車場:あり。
友人参列:不明
参列可能な人数:不明。



埼玉

ナイトウェディングも叶う? 川越氷川神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

川越市にある川越氷川神社。
古墳時代に創建されたといわれています。
お祀りされているのは5柱の神様。素盞嗚尊(すさのおのみこと)、脚摩乳命(あしなづちのみこと)、手摩乳命(てなづちのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)。
脚摩乳命と手摩乳命は夫婦の神様で、その娘が奇稲田姫命と言われています。
そして、その奇稲田姫命と素戔嗚尊が夫婦となり、大己貴命が誕生したと言います。
家族が祀られていることから、家族円満に、また、夫婦神が二組もいることから縁結びに神徳があると有名です。

公式サイト⇒氷川神社での結婚式
「かぐや」といって夜に行うプランもあるようです。

初穂料:不明。
披露宴:氷川会館で行うことができます。
雅楽:可能。
巫女舞:可能。
駐車場:不明。
友人参列:不明
参列可能な人数:不明。



狼 三峯神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

秩父市にある三峯神社(みつみねじんじゃ)。
日本武尊が、伊弉諾尊・伊弉册尊の2柱を祀ったのが始まりとされています。
現在の拝殿は1800年に建立されたもので、1962年に改修されました。
三峯神社の眷属はオオカミで、一般にはオイヌサマと呼ばれています。
毎月1日のみ頒布される「白い氣守り」で大渋滞が起きて話題になりました。
パワースポットとして有名な神社です。
公式サイト⇒三峯神社

結婚式について詳細はお問い合わせください。

ここの神社監修で漫画にもなりました。

神奈川

かがり火挙式も 鎌倉・鶴岡八幡宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)は、鎌倉にある八幡宮。
応神天皇(おうじんてんのう)、比売神(ひめがみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)が祀られています。
始まりは11世紀まで遡ることができます。非常に歴史ある八幡宮です。
八幡宮の創設にかかわったのは、源氏。11世紀前半、源頼義が京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜の近辺にお祀りしたのが始まりで、12世紀後半に源頼朝が現在の地に遷しました。

公式サイト⇒鶴岡八幡宮での結婚式
結婚式は舞殿で行われます。舞殿は、静御前が義経を慕い、心を込めて舞った若宮廻廊跡に建ち、下拝殿とも呼びます。
雨や強風など荒天の際は、舞殿ではなく、若宮(下宮)に変更になる場合もあります。
1日1組限定で日が落ちてから、かがり火の中行う「幸あかり挙式」もあります(神事などで受付していない日もあります)。

挙式料:200,000円(幸あかり式 250,000円)
披露宴:なし。
雅楽:あり。
巫女舞:あり。
駐車場:ありますが、台数が限られていますので、停められるかどうかはお問い合わせください。
友人参列:不明。
参列可能な人数:新郎、新婦、媒酌人を除き、36名まで。



東海



↑じゃらんnetより。日本平ホテル。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

静岡

富士山を望む 富士山本宮浅間大社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

藤岡市にある富士山本宮浅間神社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)
主祭神は、木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)。
晴天に恵まれれば、富士山を見ることができます。
また、桜の名所でもあります。

公式サイト⇒富士山本宮浅間大社

披露宴:なし。
雅楽:あり。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。



中部地方



↑じゃらんnetより。金沢白鳥路 ホテル山楽。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

山梨

身延山 久遠寺で結婚式?



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)は、山梨県南巨摩郡身延町にあります。
13世紀末に日蓮上人により開かれたと言われています。日蓮宗総本山です。

公式サイト⇒身延山久遠寺御廟常唱殿にて、結婚式を挙げませんか。



長野



↑じゃらんnetより。プリンスホテル軽井沢。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

国宝 仁科神明宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

長野県大町市にある仁科神明宮(にしなしんめいぐう)。
天照皇大神を祀る神社。
紀元前からあるとも言われています。
神明造の建築物としては、日本で唯一の国宝です。
公式サイト⇒仁科神明宮

結婚式について詳細はお問い合わせください。


安曇野 穂高神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

安曇野市にある穂高神社(ほたかじんじゃ)。
穂高見命を祀り、古くからアルプスの総鎮守として信仰を集めてきました。
積雪状況にもよりますが、おおむね5月~10月まで、山の上にある奥宮での結婚式も可能です。
公式サイト⇒穂高神社での結婚式

挙式料:本宮:100,000円~ 奥宮:70,000円~
披露宴:なし
雅楽:不明。
巫女舞:オプションで付けることも可能。
駐車場:不明。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。



最強のパワースポット? 四柱神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

松本市にある四柱神社(よはしらじんじゃ)。
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高皇産霊神(たかみむすびのかみ)・神皇産霊神(かみむすびのかみ)・天照大神(あまてらすおおみかみ)の四柱の大神が祀られているため、パワースポットとしてとても有名です。
天之御中主神は、名前の通り天の中央に坐す神。高皇産霊神・神皇産霊神は宇宙創造の根元の神様で、名前とおり実をむすぶという力を示しています。天照大神は、この三神の神意を地上に表す神様。
明治に創建されましたが、火災に遭ったために、現在の社殿は大正に再建されたものです。

公式サイト⇒四柱神社での結婚式
詳細についてはお問い合わせください。



戸隠神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

長野市の北西、戸隠山にある戸隠神社(とがくしじんじゃ)。
戸隠には神社がいくつかありますが、結婚式が行われるのは中社の本殿です。
中社には、天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)が祀られています。天照大神が岩戸に隠れた際に、岩戸神楽を草案し、岩戸を開くきっかけを作った神様です。

公式サイト⇒戸隠神社での結婚式
挙式料:100,000円~
披露宴:なし。周辺の宿坊等で行うことは可能です。
雅楽:あり。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:40名。
控室として、戸隠神社「青龍殿」内の参集館を利用できます。


新潟

彌彦神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

西蒲原郡弥彦村にある彌彦神社。本当は、いやひこと読むそうですが、やひこじんじゃと呼ばれています。
伊夜日子大神(いやひこのおおかみ)を祀る神社です。
紀元前から存在すると言われています。

公式サイト⇒彌彦神社での結婚式
式は「祈祷殿(拝殿向かって右側の建物)」で行います。
※拝殿では行いません。
また、1月中及び11月中の土日祝日は挙式を受け付けていません。
挙式料:80,000円~
披露宴:なし。
雅楽:不明。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:16名。
控室はありません。


富山

国宝 瑞龍寺



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

高岡市にある瑞龍寺(ずいりゅうじ)。
曹洞宗の仏教寺院。1614年に前田利常により開基。
最近は、インスタグラムやツイッターなどの影響で、写真が世界中に広まり、国内外から多くの観光客が訪れるようになりました。
公式サイト⇒瑞龍寺

結婚式について⇒ニューオータニ高岡 和の挙式


関西

兵庫



↑じゃらんnetより。ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

縁結びの神様 生田神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

神戸市にある生田神社(いくたじんじゃ)。
稚日女尊(わかひるめのみこと)が祀られています。
201年に創建され、洪水のあと、799年、現在の生田の森に遷ったと言われています。
縁結びの神様として信仰を集めています。

公式サイト⇒生田神社 結婚式について
挙式だけだと?⇒三々九度
挙式料:150,000円
披露宴:生田神社会館等で行うことができます。
雅楽:あり。
巫女舞:あり。豊栄の舞。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。


日本発祥の地?淡路島 おのころ島神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

淡路島にある、おのころ島神社。
古事記・日本書紀によれば、神代の昔国土創世の時、伊弉諾命・伊弉冉命の2柱により創られた日本発祥、国生みの聖地とされています。
漢字で書くと自凝島神社。
縁結び、安産の神として知られています。
公式サイト⇒おのころ神社
詳細はお問い合わせください。



ラストサムライなどさまざまな作品の舞台に 書寫山圓教寺



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

姫路市にある書寫山圓教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)。
天台宗のお寺で、創建されたのは今から1000年ほど前のこと。
『ラストサムライ』、『天地明察』『本能寺ホテル』、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』などのロケ地としても有名。
公式サイト⇒書寫山圓教寺 結婚式

挙式料:438,000円(税別) ※土日+30,000円(税別)
挙式料には、
● 挙式料金(摩尼殿内陣で仏前式)
● 会場使用料
● 圓教寺入山料+山上マイクロバス料
● 新郎新婦控室使用料
● 親族控室使用料
● 新婦 白無垢、また色打掛1点
● 新郎 黒紋付1点
● 洋髪ヘアメイク
● 和装着付け
● 髪飾り一式(アートフラワー他)
● 洋髪用綿帽子
● 写真(ロケーション撮影、挙式撮影、型物撮影、家族写真、集合写真)
● 折鶴シャワー用折鶴
● アテンド
● 山内での新郎新婦、親族(一部)の送迎
が含まれています。
※書写山ロープウェイ代金は別途必要です。
披露宴:なし。壽量院でのお食事会(披露宴)も可能。ただし、収容人数は新郎新婦含めて30名。
駐車場:あり。
友人参列:可能。
参列可能な人数:両家それぞれ25名まで。計50名まで可能。


奈良



↑じゃらんnetより。奈良ホテル。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

吉野神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

吉野郡にある吉野神宮(よしのじんぐう)。
1889年に創建されました。
後醍醐天皇を祀っています。
公式サイト⇒吉野神宮

結婚式について⇒吉野神宮での結婚式

詳細はお問い合わせください。


水の神様を祀る 吉野水分神社


↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

吉野郡にある吉野水分神社。吉野水分神社と書いて、よしのみくまりじんじゃと読みます。
水を司る天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)を主祭神としています。
創建された年は不明ですが、7世紀にはすでに存在していたのではないかと言われています。時代が下るにつれて、みくまりという音が転じてみこもりと訛り、子授けの神社と呼ばれるようになりました。豊臣秀吉はこの地を訪れ、秀頼を授かったと言われています。現在の社殿は秀頼によって建てられたといいます。

公式サイトは見つかりませんでした。

じゃらん⇒吉野水分神社
実際の結婚式の様子⇒キキフォトワークス


能舞台で結婚式!? 日本三大弁財天 天河大辨財天社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

天河村にある、天河大辨財天社(てんかわだいべんざいてんしゃ)。天河神社とも呼びます。
芸能の神様として有名で、芸能人の参拝が絶えないそうです。

公式サイト⇒天河神社

能舞台での結婚式。実際の結婚式の写真⇒大越大祐写真事務所
詳細はお問い合わせください。



世界遺産・春日大社で、衣冠・十二単で結婚式?



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

奈良市にある春日大社(かすがたいしゃ)。
おおよそ1300年前に創建された神社で、現在、世界遺産に登録されています。
もともとは、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために創設されたと言われています。

公式サイト⇒春日大社での結婚式

初穂料:
挙式は榊式も松式も竹式も御本殿で行われます。
〇榊式:50万円
※神楽は林檎の庭で二人舞。衣冠・十二単の装束料・着付料が含まれています(お支度料は別途必要)。
1日1件限定、夏期(6月~9月)は受付不可。
〇松式:30万円
※神楽は林檎の庭で二人舞。
〇竹式:10万円
※神楽は中門下で一人舞。
披露宴:なし。
雅楽:不明。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。土曜・日曜・祝祭日は奈良公園内が非常に混み合いますので、なるべく公共交通機関を利用くださいとのことです。
友人参列:不明。
参列可能な人数:新郎様側20名迄 新婦様側20名迄


最古級の神社 石上神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

天理市にある石上神宮(いそのかみじんぐう)。
一説では崇神天皇の時代に創建されたと言われています。紀元前の時代のことです。
主祭神は、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)。
神剣や宝に宿る神様。
健康祈願に神徳があるともいわれています。
公式サイト⇒石上神宮での結婚式

挙式料:80,000円
披露宴:なし。
雅楽:不明。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:約35名。


建国の聖地 橿原神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

橿原市にある橿原神宮(かしはらじんぐう)
神武天皇即位の地に創建された神社。
しかし、橿原神宮が創建されたのは、明治になってから。
古代、都は次から次へと遷都していくものでしたから、長年更地になっていたようです。時代が下り、明治になってから、この地に神社を建てようという気運が高まった結果、神社が創建されました。
神武天皇と、その后が祀られている神社です。
公式サイト⇒橿原神宮での結婚式
内拝殿での挙式に限りますが、日が落ちてからの挙式も受け付けています。

挙式料:
〇内拝殿(国の重要文化財)での結婚式
日中の挙式 15万円
夕刻の挙式 20万円
〇儀式殿での結婚式
8万円
〇神楽殿での結婚式
8万円
披露宴:なし。近隣の会場で。
雅楽:不明。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。
友人参列:可能。
参列可能な人数:
内拝殿 32名(新郎新婦除く)
儀式殿 60名(新郎新婦除く)
神楽殿 40名(新郎新婦除く)



秘境 玉置神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

十津川村にある玉置神社(たまきじんじゃ)。
紀元前から存在すると言われている神社。
国常立尊(くにとこたちのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冊尊(いざなみのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)を祀っています。
秘境なので、アクセスが難しいのですが、結婚式を挙げることが可能であるようです。
詳しくはお問い合わせください。
公式サイト⇒玉置神社
時折、結婚式を挙げた方のお話が出てきます⇒新着情報


最古級の神社 大神神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

桜井市にある大神神社(おおみわじんじゃ)。
国造りの神様、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が主祭神。世の中の幸福を増し進めることを計られた人間生活の守護神として崇拝されています。
有史以前から存在していたと言われる神社です。

公式サイト⇒大神神社での結婚式

挙式料:80,000円
披露宴:神社で会食ができます。ただし、借りれるのは会場のみ。食事などの準備は各自で。
雅楽:あり。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。ただし、土日は混み合うので、できるだけ公共交通機関を使用することを呼びかけています。
友人参列:可能。
参列可能な人数:おおよそ50名


花の御寺 長谷寺



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

桜井市にある長谷寺(はせでら)。正式名称は豐山神樂院長谷寺。
真言宗豊山派の総本山です。
創建は奈良時代と言われています。

長谷寺で結婚式を挙げられる?⇒Wedding 絆



凍れる音楽 薬師寺



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

薬師寺(やくしじ)は、奈良市にある法相宗の大本山です。
680年に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気快復を祈り建てられたといわれるお寺です。
公式サイト⇒薬師寺

結婚式について
Wedding 絆
三々九度
和婚スタイル



東大寺で挙式ってできる?できない?



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

奈良時代に創建されたといわれる東大寺。奈良市にあります。
華厳宗大本山の寺院です。台座を除いても15mもあるような、大きな仏像があることでも有名です。
公式サイト⇒東大寺

挙式の受付は基本的にはしていないようです。前撮りをした、挙式をした、という記事をいくつか見つけましたが、なかなか一般の人は前撮りも挙式も厳しいもよう。
前撮り風景⇒ブライダル そら



和歌山

八咫烏が舞い降りた熊野



↑じゃらんnetより。画像は那智の滝と青岸渡寺。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

熊野は、神仏習合の社。
素戔嗚尊を祀る神社。
速玉大社は薬師如来の力で前世の救済を、那智大社は千手観音の力で現世の利益を、そして本宮大社は阿弥陀如来の力により来世の加護を頂く事ができると伝えられています。
公式サイト⇒熊野本宮大社での結婚式
公式サイト⇒熊野速玉大社での結婚式
公式サイト⇒熊野那智大社での結婚式
熊野那智大社については、礼殿の作業に伴い、平成29年11月より平成30年12月までの期間(予定)は、神前結婚式をお断りしている状況です。

〇熊野本宮大社での結婚式
初穂料:50,000円~
披露宴:なし
雅楽:不明。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:各家12名様(計24名様)

〇熊野速玉大社での結婚式
初穂料:
・松式 十万円 (御本殿、神楽奉奏、約40分)
・竹式 五万円 (儀式殿、神楽奉奏、約40分)
・梅式 三万円 (儀式殿、約30分)
披露宴:なし
雅楽:不明。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。

〇熊野那智大社での結婚式
初穂料:100,000円
詳細はお問い合わせくださいとのこと。

高野山で結婚式? 總持院



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

高野山は、弘法大師空海上人によって開創された、一山全体を『金剛峯寺』と呼ぶ真言密教修行の根本道場です。
高野山には数多くの寺院がありますが、その中でも總持院では結婚式を挙げることができます。

公式サイト⇒總持院での結婚式

滋賀



じゃらんnetより。SETRE MARINA BIWAKO。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

比叡山で結婚式?



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

比叡山延暦寺は、日本天台宗の本山寺院。
平安時代に最澄により開かれたとされています。

公式サイト⇒比叡山 延暦寺

東塔にて結婚式を行うことができるようです。
想い出結婚式
京都結婚日和

京都



↑じゃらんnetより。グランドプリンスホテル京都。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

世界遺産・清水寺



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

京都市東山区にある清水寺(きよみずでら)。
法相宗のお寺です。
清水寺で結婚式を挙げることもできるようです。しかし、残念ながら、現在改修工事中です。2020年の3月に完成予定。
公式サイト⇒清水寺
結婚式について⇒清水寺での結婚式

衣冠と十二単で結婚式? 下賀茂神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にある神社。通称は下鴨神社(しもがもじんじゃ)。
世界遺産に登録されています。
西殿に賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、東殿に玉依媛命(たまよりひめのみこと)を祀っています。
賀茂建角身命は、導きの神、勝利の神、方除、厄除け、入学、就職の試験などの合格、交通、旅行、操業の安全等多方面に神徳があると言われています。
玉依姫は、縁結び、安産、育児等に神徳があると言われています。
公式サイト⇒下賀茂神社 結婚式
十二単で結婚式?⇒十二単特別式

初穂料:100,000円
披露宴:なし。下鴨茶寮などで行うこともできます。
雅楽:あり。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:30名まで。

ナイトウェディングが叶う 上賀茂神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は、京都市北区にある神社。通称は上賀茂神社(かみがもじんじゃ)。
祭神は、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)。
厄除けの守護神として信仰を集めてきました。
公式サイト⇒上賀茂神社での結婚式
宵の結といって日が落ちてからの結婚式も可能です。鳥居が閉門してからの挙式なので、参拝者がいない状況で挙式を挙げることができます。

挙式料:
細殿:100,000円 本殿:200,000円
宵の結 細殿:150,000円 本殿:250,0000円
披露宴:神社内の参集殿(客殿)で開催することができます。
雅楽:不明。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:可能。
参列可能な人数:新郎側24名、新婦側24名まで。(新郎新婦含め両家25名ずつで50名まで。)

世界遺産 西本願寺



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

龍谷山 本願寺(りゅうこくざん ほんがんじ)。京都市下京区にある浄土真宗本願寺派の本山です。
通称は西本願寺。
13世紀に創建されたと言われていて、地元の人には、お西さんなどと呼ばれ、親しまれているようです。
西本願寺では、寺院関係者以外でも、結婚式を行うことができます。

〇安穏殿で行う結婚式
式場:安穏殿 3 階
司婚者:浄土真宗本願寺派僧侶
式の流れ:合掌礼拝・勤行・誓いのことば・念珠授与・焼香・法話・合掌礼拝
雅楽:笙・篳篥・龍笛による雅楽演奏
時間:11時または12時30分より
参列人数:60席まで(友人・知人席含む)
挙式懇志:150,000円~
公式サイト⇒龍谷山 本願寺での結婚式

別所にある大谷本廟でも結婚式を行うことができます。
〇大谷本廟 礼拝堂で行う結婚式
式場:礼拝堂
司婚者:浄土真宗本願寺派僧侶
式の流れ:合掌礼拝・勤行・誓いのことば・念珠授与・焼香・祝辞・式盃・祝盃合掌・礼拝
雅楽:あり。
参列人数:40席まで(友人・知人席は別に用意できるそう)
挙式懇志:150,000円~
公式サイト⇒大谷本廟 礼拝堂での結婚式

真言宗の総本山 教王護国寺/東寺



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

教王護国寺(きょうおうごこくじ)/東寺(とうじ)は、南区にある真言宗のお寺。
空海が伝えたかった密教を伝えています。
創建されたのは8世紀のころ。現在は世界遺産に登録されています。
公式サイト⇒世界遺産 東寺/教王護国寺

結婚式について⇒想い出結婚式

リスで有名? 桜の名所・平野神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

北区にある平野神社(ひらのじんじゃ)。
平安時代の末期に創設されたといわれています。

神紋は桜で、神使はリスなのだとか。
それだけに、桜の名所であり、また、おみくじがリスであることでも話題です。



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

今木皇大神(いまきすめおおかみ)、久度大神(くどのおおかみ)、古開大神(ふるあきのおおかみ)、比賣大神(ひめのおおかみ)が祀られています。
今木皇大神は、源気新生、活力生成の神。久度大神は、竈の神、生活安泰の神。古開大神は、邪気を振り開く平安の神。比賣大神は、生産力の神。
公式サイト⇒平野神社での結婚式

挙式料:80,000円
披露宴:なし。
雅楽:不明。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明
参列可能な人数:不明。

水源の神を祀る 貴船神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

貴船神社(きふねじんじゃ)は京都府左京区にある神社。
詳しい年代は不明ですが、1300年前にはすでに創設されていたといわれています。
水源の神を祀る神社。
公式サイト⇒貴船神社での結婚式

挙式料:150,000円
披露宴:時期によっては、「きふねの宴」というパーティーを開催することも可能です。
雅楽:あり。
巫女舞:あり。
駐車場:なし。
友人参列:不明
参列可能な人数:新郎側20名、新婦側20名

中国



↑じゃらんnetより。岡山のThe Hotel Limani & Spa.クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

広島



↑じゃらんnetより。鴎風亭。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

宮島 嚴島神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

宮島にある嚴島神社(いつくしまじんじゃ)。
1400年の歴史を誇る神社です。潮が満ちるとまるで浮かんでいるかのように見える朱塗りの社殿が有名。宗像三女神を祀っています。あらゆる「道」の最高神として航海の安全や交通安全などを祈願する神様として崇敬を集めている神様です。
公式サイト⇒嚴島神社
結婚式について⇒嚴島神社での結婚式について



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

初穂料:
100,000円
(舞楽100,000円)
披露宴:なし(宮島内で行う方もいるようです)。
駐車場:不明。港から神社までは、歩いていける範疇であるため、徒歩で移動する方が多いようです。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。

島根



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

鏡の池が有名 八重垣神社



↑じゃらんnetより。なにわ一水。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

松江市にある八重垣神社(やえがきじんじゃ)。
境内にある鏡の池で、占い用紙を浮かべるという占いができます。早く沈めば縁が早く、遅く沈めば縁が遅いといわれています。
“天つ神”素盞嗚尊(すさのおのみこと)と“地つ神”稲田姫命(いなだひめのみこと)の二柱は、この地で結ばれた出雲の縁結びの神様として篤い信仰があります。
公式サイト⇒八重垣神社

結婚式について
グランラセーレ八重垣
神話婚
詳細はお問い合わせください。

縁結びの神様 出雲大社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

出雲市にある出雲大社。いずもたいしゃと呼ばれることが多いのですが、公式サイトによると、「いづもおおやしろ」が正式な読み方であるようです。
創建された年はわかっていません。
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祀っています。縁結びの神様として信仰があります。
公式サイト⇒出雲大社の結婚式場について

詳細はお問い合わせください。


鳥取



↑じゃらんnetより。鳥取温泉 観水庭こぜにや 白水館・碧水亭クリックすると、じゃらんに飛びます。

因幡の白兎 白兎神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

鳥取市にある白兎神社(はくとじんじゃ)。
うさぎの形のおみくじでも有名な神社。
白兎神(はくとしん)、豊玉比売(とよたまひめ)、保食神(うけもちのかみ)が祀られています。
縁結びの神様として信仰があります。
また、白兎神社の眼下には、恋人の聖地として有名な、白砂が美しい白兎海岸が広がります。
公式サイト⇒白兎神社
結婚式について詳細はお問い合わせください。



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

四国



↑じゃらんnetより。大和屋本店。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

徳島

犬神憑きを落とす日本随一の神社 賢見神社

犬神憑きを落とす日本随一の神社 賢見神社(けんみじんじゃ)。
三好市にあります。
主祭神は、素戔嗚尊・応仁天皇。
バスは通っておらず(最寄りの阿波池田駅からタクシーでおよそ30分の距離)、冬場は積雪もある山奥にありますが、このホームページによると、結婚式を挙げられるようです。ただ、最終更新日が2011年なのが気がかり・・・。
準公式ホームページ⇒賢見神社
詳細はお問い合わせください。

愛媛

瀬戸の花嫁に? 大山祇神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

愛媛県今治市にある大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)。
瀬戸内海にある離島“大三島”にある神社です。
大山祇命(おおやまつみのみこと)を祀っています。
武運長久に神徳があると言われています。

結婚式について詳細はお問い合わせください。

公式サイトは見つかりませんでした。

神社の画像、訪れた人の感想など⇒じゃらんnet
実際の結婚式の様子⇒斉藤孝志写真事務所

西日本最高峰・石鎚山にある 石鎚神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

西日本で最も高い山と言われる石鎚山にある石鎚神社(いしづちじんじゃ)。
西条市にあります。
鎚毘古命(いしづちひこのみこと)を祀る神社。
家内安全・厄除開運・当病平癒の神として篤い信仰を受けています。
奈良時代に創設されたと言われています。
公式サイト⇒石鎚神社での結婚式

初穂料:不明。
披露宴:なし。
雅楽:不明。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:およそ30名

九州



↑じゃらんnetより。ハウステンボス。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

福岡



↑じゃらんnetより。福岡にあるホテル・グレージュ。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

嵐のCMで大人気 光の道 宮地嶽神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

福津市にある宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)。
創建されたのは約1700年前のこと。
息長足比売命(おきながたらしひめのみこと) (別名:神功皇后(じんぐうこうごう))勝村大神(かつむらのおおかみ)、勝頼大神(かつよりのおおかみ)が祀られています。
「何事にも打ち勝つ開運の神」として篤い信仰があります。
高台にある神社から、海岸まで道が一直線に続いています。晴れ渡った日の、鳥居から海まで一直線に続く景色は素晴らしく、景勝地となっています。
人気アイドルグループ嵐のJALのCMが撮影されたことでも話題となりました。
毎年2月と10月に、宮地嶽から一直線に夕陽が沈み、当社と相之島、そして西方浄土が線上につながります。これが光の道と呼ばれています。

公式サイト⇒宮地嶽神社 結婚式について
光の道⇒夕陽の祭り

初穂料:
・10万円(本殿ご神前での挙式、雅楽の生演奏、ご両家控え室、記念品)
・5万円(稲荷神社での挙式、雅楽の生演奏、ご両家控え室、記念品)
披露宴:なし。
雅楽:あり。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:親族控え室は30名まで、本殿挙式ご参列は最大70名まで可能。

天神さまの総本宮 太宰府天満宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

太宰府市にある太宰府天満宮。
919年に創建されたとされています。
菅原道真公を祀っています。
太宰府天満宮は、全国約12,000社ある天神さまをお祀りする神社の総本宮と称えられています。
「学問・至誠・厄除けの神様」として篤い信仰があります。

公式サイト⇒太宰府天満宮 結婚式

挙式料:120,000円
披露宴:なし。
雅楽:なし。
巫女舞:なし。
駐車場:有料ですが、近辺には太宰府駐車センターや太宰府パーキングがあります。
友人参列:不明。
参列可能な人数:両家合わせて40名まで。

世界遺産 宗像大社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

宗像市にある宗像大社(むなかたたいしゃ)。
太古の昔からある神社で、創建された年は不明。
2017年に世界遺産に登録されました。
天照大神の三柱の御子神を祀っています。三女神のお名前は 田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)。

公式サイト⇒宗像大社 結婚式について

挙式料:
本殿・・・10万円 清明殿・・・7万円
披露宴:なし。
雅楽:不明。
巫女舞:なし。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:参列者は媒酌人2名、新郎側12名、新婦側12名までです。


「海神の総本社」「龍の都」志賀海神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

福岡市にある志賀海神社(しかうみじんじゃ)。
伊邪那岐命の御子神、中津綿津見神(なかつわたつみのかみ)、底津綿津見神(そこつわたつみのかみ)、表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)の3柱が祀られています。
創建された年は明らかではありませんが、太古の昔から、海上交通の要衝であった博多湾の総鎮守として篤い信仰があります。
公式サイト⇒志賀海神社

詳細はお問い合わせください。

結婚式について
神社挙式.com
和婚スタイル

佐賀

キツネの嫁入り? 日本三大稲荷 祐徳稲荷神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

佐賀県鹿嶋市にある祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)。

祐徳稲荷神社のはじまりは、貞享4年(1687年)。現在では日本三大稲荷の一つと称されています。
年間300万人も訪れる有名な神社です。

倉稲魂大神(ウガノミタマノオオカミ)、大宮売大神(オオミヤノメノオオカミ)、猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)の三柱が祀られています。

倉稲魂大神は、一般に稲荷大神と呼ばれていて、衣食住や生活全般の守護神。
大宮売大神は、技芸上達、福徳円満の神。
猿田彦大神は、水先案内の神そして交通安全の神。

公式サイト⇒祐徳稲荷神社での神前式
佐賀のニュース⇒初めて“キツネ”の結婚式 嫁入り行列再現 祐徳稲荷神社

初穂料:
梅.30,000円
竹.50,000円
松.70,000円
披露宴:なし。
雅楽:不明。
巫女舞:あり。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。

夫婦檜や大楠で有名 武雄神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

武雄市にある武雄神社(たけおじんじゃ)。
創建されたのは、なんと8世紀のことと言われています。
武内宿禰(たけうちのすくね)、武雄心命(たけおこころのみこと)、仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)、神功皇后(じんぐうこうごう)、応神天皇(おうじんてんのう)の5柱の神様を祀っています。
武運長久、開運、厄除けに霊験あらたかな神様としても信仰があります。

公式サイト⇒武雄神社での結婚式
3つのプラン。
〇梅.
■所要時間:約25分
■初穂料:2万円
■神職2人奉仕
〇竹.
■所要時間:約35分
■初穂料:5万円
■神職2人・巫女1人奉仕
〇松.
■所要時間:約45分
■初穂料:7万円
■神職2人・巫女1人奉仕
※松プランには神楽の奉奏があります。
※控え室・衣裳室として、無料で社務所をご利用できます。
披露宴:なし。
雅楽:不明。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。

宮崎

神話と伝説の町 高千穂



↑じゃらんnetより。画像は、真名井の滝。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

高千穂には数多くの神社があります。
その中でも、
〇高千穂神社
〇天岩戸神社
〇荒立神社
〇くしふる神社
では、挙式を行うことができるようです。

〇高千穂神社(たかちほじんじゃ)
古くからある神社ですが、創建された年は不明。
高千穂郷八十八社の総社なので、多くの神様が祀られています。
主祭神は高千穂皇神(たかちほすめがみ)と十社大明神(じゅっしゃだいみょうじん)。

〇天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)
古くからある神社ですが、創建された年は不明。
天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)が祀られている神社。
天照皇大神は太陽の神様です。
公式サイト⇒天岩戸神社

〇荒立神社(あらたてじんじゃ)
古くからある神社ですが、創建された年は不明。
猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)が祀られている神社。
この2柱の神様は夫婦と言われていて、この神社で祝言をあげたとか、一緒に住まったなど言われています。
このため、縁結びにご利益があると言われています。

〇くしふる神社
漢字で書くと、槵觸神社。
もともと御神体は、槵觸山で長らく本殿を持ちませんでした。
本殿が創建された年は不明。
瓊々杵尊(ににぎのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、天太玉命(あめのふとだまのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)が祀られています。

詳細はお問い合わせください。

高千穂での結婚式について⇒高千穂ウェディング

絶景・断崖に建つ神社 大御神社



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

日向のお伊勢さま。大御神社(おおみじんじゃ)。日向市にあります。
太古の昔からある神社であるようですが、創建された年ははっきりしません。
天照大御神を祭神としています。
公式サイト⇒大御神社での結婚式
詳細はお問い合わせください。

岩の中にある神社 鵜戸神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

日南市にある神社。日向灘に面しています。
神社といえば、高いところにあるイメージですが、鵜戸神宮は下って参拝する神社です。岩の中にある変わった神社。
古くからある神社ですが、創建された年は不明。
主祭神は、日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)。
縁結、安産、育児、海上安全の守護神として篤い信仰があります。
公式サイト⇒鵜戸神宮

詳細はお問い合わせください。

結婚式について。
ウェディングセレクト!和婚
和婚スタイル

4万社あまりある八幡さまの総本宮 宇佐神宮



↑じゃらんnetより。クリックすると、じゃらんに飛びます。↑

宇佐市にある宇佐神宮(うさじんぐう)。
725年に創建されたといわれています。
八幡大神(はちまんおおかみ)、比売大神(ひめおおかみ)、神功皇后(じんぐうこうごう)が祀られています。

公式サイト⇒宇佐神宮での結婚式について

初穂料:
1.初穂料 100,000円
含まれるもの/挙式(神前式)、記念品授与、着付け室、神楽「浦安の舞」奉奏 (巫女が正装にて祝いの舞を奉納致します。)
2.初穂料 80,000円
料金に含まれるもの/挙式(神前式)、記念品授与、着付け室
披露宴:なし。
雅楽:あり。
駐車場:あり。
友人参列:不明。
参列可能な人数:不明。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする