海は名前に良い字なの?悪い字なの?

海は、母なる海とも言います。

生物誕生の源であり、広大さをイメージする言葉でもあります。

では、この海とはどのような意味のある字なのでしょうか?


総画:9画
音読み:カイ 訓読み:うみ
《名付け》
あま、うな、うみ、み

《意味》
うみ。うす黒く水をたたえたうみ。また、わたつみ。
大きな湖。「北海(バイカル湖)」
同種のものが非常に多く集まっているところ「樹海」
広く大きい。「海口」
うみ。すずりの水をためるくぼんだところ。

《解字》
会意兼形声。「水+音符(毎)」で、暗い色の海のこと。北方の中国人の知っていたのは、玄海、渤海などの暗い色の海だった。

(漢字源より抜粋)

この字の意味は、暗い水をたたえたところ。

↓渤海(Bohai Sea)

この投稿をInstagramで見る

Seaside 🙂 (Bohai sea) #China #Bohaisea #bird #summer #travel #Jinzhou

Tjasa🦄(@macjipanda)がシェアした投稿 –

海という字を名前に入れることには、賛否両論あります。

反対派の意見

・海は暗いイメージがある。夜など光が当たらなくなればとにかく暗くて怖い。

・自然というのは、人類には手に負えない存在だ。毎年、海辺で死者が出るほどだ。

・東日本大震災以来、海は怖い存在に思える。

賛成派の意見

・「海容」という言葉があるように、器の大きいイメージ

・海は世界中とつながっていることから、国際人になってほしいという願いが感じられる。

・海は年中あるが、特に夏生まれに似合う、元気な印象を付ける。


海をどのように捉えるかで印象は異なるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする