リオという名前は男の子?女の子?

“りお”という名前は男の子の名前なのでしょうか?それとも女の子の名前なのでしょうか?

音感から和の雰囲気というよりは、どこか異国情緒漂う名前であるように思えます。

リオをローマ字表記するとRio。これはスペイン語やポルトガル語で川を意味する言葉。ブラジルの旧首都であるリオデジャネイロは、1月の川の意味。

しかし、日本語のラ行の発音というのは微妙なもの。

RでもなければLでもないとよく言われます。

その昔、室町時代にやってきたポルトガルの宣教師がローマ字表記を作ったと言われています。ローマ字で日本語を綴るというものです。そして、19世紀後半に、アメリカの宣教師であり医師でもあるヘボンさんがヘボン式ローマ字というものを開発しました。ヘボンさんは、最初の和英・英和辞典を作った人で、明治学院大学を創立した人でもあります。そして、時代が下るにつれてこのヘボン式ローマ字というものが良く使われるようになっていきます。例えば、原則的にパスポート表記はヘボン式ローマ字と決められています。ラ行はヘボン式ローマ字含めローマ字表記ならR表記。しかし、ラ行はどちらかといえばLに近いのではないかと異論を唱える人もいます。

参考:パスポートにおける非へボン式表記について(外務省)

では、リオをLで表記したらどうなるでしょうか。

英語圏だとLeoをリィオのように発音するのでこれが近いでしょうか。Leoはドイツ語圏やイタリア語圏などではレオ。フランス語圏だとわかりやすく発音記号を付けてLéoと表記してレオと発音することが多いようです。しかし、英語圏だとLeoはリオに近いように聞こえます。

参考:発音ガイド Forvo

Leoはライオンを意味する言葉で、男性の名前です。ギリシア語に由来すると言われています。

また、一部を除いてoで終わる名前というのは男性的な印象を与えると言いますから欧米ではRioもLeoも男性らしい印象があるようです。

特にグローバル化が進んだ現代ですから様々なルーツを持つ人がいて、そうした影響もあるのでしょう。

日本でも時折リオという名前の男性を見かけます。

苗字との相性は?

その一方で、日本では一部の例外を除き、2音の名前はほぼ女性名であったという歴史があります。

とはいえ、近年、リクやリツが男の子の名前として人気だということを考えると、リオも男性名として馴染む可能性はあると思います。

赤穂事件で有名な大石良雄(通称:大石内蔵助)の妻の名前は“りく”でしたし(理玖とも)、俳人・正岡子規の妹の名前は正岡律(まさおか・りつ)でした。妻、妹ということで当然女性です。

しかし、たまひよが2019年に発表した名前ランキングの、漢字表記を無視した読み方のランキングによると、男の子のランキングでリクが5位に、リツが17位になっています。

女の子の名前ランキングにリクもリツも登場しないことを考えると、男の子名前として定着したといえるかもしれません。

リオと似たところで、リョウという名前の女性もいました。たとえば坂本龍馬の妻とされる楢崎龍(ならさき・りょう)。しかし、同じランキングを見ると、リョウは男の子の名前で49位。リョウはもうすっかり男の子の名前として定着した感があります。

一方で、同じランキングを見ると、リオは女の子の名前で8位になっています。

男の子の名前ランキングにリオが登場しないことを考えると、リオは現状で女の子に人気の名前といえるでしょう。

男の子の名前か、女の子の名前かはなかなか難しい問題です。

結局のところ、欧米の感覚でいうと男性っぽい、日本の感覚でいえば女性っぽい名前となるので人によって印象が変わる名前と言えそうです。

理雄や莉緒など漢字表記によってもガラリと雰囲気が変わりますね。なお、女の子の名前としては、茉莉花(まつりか=ジャスミン)から莉(り)を使った表記が人気です。

参考:
https://st.benesse.ne.jp/ninshin/name/
https://ja.forvo.com/
https://www.behindthename.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする